本ページのご利用ガイドは
副業・シェアリングエコノミー向けの内容です

副業・シェアリングエコノミー向け
経費の事業按分に関するご案内

電卓で経費計算事務所の賃料や携帯電話代などの通信費などの費用は、使用した合計額をすべて計上するのではなく、実際の利用割合によって事業按分する必要があります。


下記は按分が必要な経費の例です。

 

  • 自宅兼事務所の場合の家賃や水道光熱費
  • 携帯電話代
  • 車を使用する場合のガソリン代

 

経費を按分するための利用割合は、ご自身の活動の状況に合った内容である必要があります。

利用割合の計算例

例1:自宅兼事務所の利用割合計算方法

※1週間のうち、3日は自宅で仕事をしている場合

3日間÷7日間(1週間)=42.8%

 

※ほぼ毎日仕事をしている場合(仕事をしているスペースから計算)

30㎡÷100㎡(のべ床面積)=30%

例2:携帯電話代の利用割合計算方法

※1日のうち、3時間スマートフォンを用いて仕事をしている場合

3時間÷24時間(1日)=12.5%

例3:仕事先へ移動する際のガソリン代の利用割合計算方法

※1週間のうち、5日は車を使用して仕事をしているという場合

5日間÷7日間(1週間)=71.4%

Contact お問い合わせ
Free Download 無料ダウンロード資料
確定申告の基礎知識に関するマンガや資料を
無料でダウンロードいただけます。