経費の資料

現金で支払った経費をモレなく経費計上するために、事業用経費として支出した領収書やレシートをご送付ください。またクレジットカードで支払った経費については、利用明細書をご送付ください。

 

領収書・レシート

現金払いの経費の領収書とレシートのみをお送りください。また、お送りいただいた領収書やレシートは、原則すべて事業用として経費計上します。

弊社で事業用・プライベート用の判断はいたしません。

購入品名が分かるレシートであれば、領収書を発行する必要はありません。

私用な購入と事業用経費は、レシートを分けていただくことを推奨しております

1枚のレシートの中に私用な購入分と事業用経費が混在している場合、事業用経費分のみを計上することが出来かねます。 混在するレシートはご送付せずに、事業用経費分のみ「領収書の発行されない経費帳」にご記入いただき、ご送付ください。

レシートに但し書きいただいても、弊社では計算を分けることができません。

 

お店で領収書を受け取る際は、宛名・日付・但し書きの記入があるかを必ず確認

経費計上する上で、必要な項目となりますので、必ずご確認ください。

 

領収書の但し書きは詳しく記載

「お品代」より「お花代」(贈答)というように、詳細な内容が記載されているかご確認ください。

領収書の合計金額が10万円を超える場合

領収書の合計金額が10万円を超える場合は、但し書きに品名、単価、個数をご記入ください。

領収書の他に明細書や請求書などの資料があれば添付をお願いいたします。

クレジットカードの利用明細書

クレジットカードで支払った経費については「カード会社発行の月別のご利用明細書」から、支払日(通帳引落日)で計上しております。

購入内容が不明確な場合は、但し書きをご記入ください

内容が確認できない費用については「未確定勘定」を使用します。

レシート・領収書のご送付は不要です

二重計上防止のため、クレジットカード払いの領収書・レシートはご送付いただかないよう、お願いいたします。

ご利用明細書を紛失された場合は、「領収書の発行されない経費帳」にご記入ください。

クレジット利用明細書を紛失された場合の水道光熱費に関しては、検針票をご送付ください。

「領収書の発行されない経費帳」の使い方

領収書が発行されない交通費や慶弔費などが発生した場合や、領収書やレシートを誤って紛失してしまい、再発行ができない場合は、弊社がご用意している「領収書の発行されない経費帳」にご記入ください。 ⇒テンプレートダウンロード方法はこちら

 

領収書の出ない経費帳

通帳からお支払いが確認できる場合は、ご記入は不要です。

当書面は実際の支払が確認できる証拠書類ではありません。日頃よりレシート・領収書の紛失がないようにご注意ください。また必ず事業用の経費のみをご記載ください。

Contact お問い合わせ
Free Download 無料ダウンロード資料
確定申告の基礎知識に関するマンガや資料を
無料でダウンロードいただけます。