副業収入がある給与所得者限定

期間限定!

早割プラン

3月31日(火)までお申し込みいただくと、最大2,750円割引でご利用いただける早割プランが適用されます。

 

 

2020年3月31日をもちまして、早割プランのお申し込みの受付は終了いたしました。

早割|料金プラン

「カルク」の料金は必要経費で落とすことができます。

※料金はすべて税別表示です。

※料金プランは副業の売上金額に応じて決まります。本業の勤務先からの給与額は、料金プランに影響しません。

※会社員・契約社員、パート・アルバイトの勤務先からお給料やボーナスを受け取る給与所得者向けの料金プランです。

※確定申告をはじめとする税務業務はF&Mパートナーズ税理士法人(税理士法人番号 第579号)が対応いたします。<広告>

副業の確定申告が必要なケース

会社員、パート、アルバイトなどの勤務先から給料を受け取っている給与所得者の場合、副業収入から必要経費を差し引いた「所得金額」が20万円を超える場合に、確定申告が必要となります。

この「所得金額」を計算するため、日常的な会計作業が必要になります。

※住宅ローン控除、配当控除は考慮していません。
※課税される所得金額に残額がない場合は、確定申告が不要な場合があります。
※確定申告が不要な場合でも、所得税の還付や各種特例の適用を受ける場合は、確定申告が必要です。

会社員の副業は
青色申告できない?

給与所得者が副業での売上を得た場合、個人事業主としての「事業所得」ではなく、原則として「雑所得」としての確定申告が必要です。雑所得は法律上、青色申告等の制度を利用することはできません。青色申告が利用可能な「事業所得」として認められるには、その売上だけで「生計を立てることが可能」等、一定の規模が必要になります。

「カルク」のサービス

アプリで確認

計算結果や書類の提出状況を専用アプリで確認することができます。

書類の投函

副業の売上や、支出した必要経費を証明する領収書、レシートなどの書類を、専用封筒でポストに投函します。

税理士法人での確定申告

紹介する税理士法人により、確定申告書の作成と提出手続きを行います。

※確定申告をはじめとする税務業務はF&Mパートナーズ税理士法人(税理士法人番号 第579号)が対応いたします。<広告>

ご利用のメリット

会計ソフトの購入/利用が不要

「カルク」は領収書・レシートなどの書類を封筒に入れて送るだけ。ご自身で会計ソフトの購入や、入力作業の必要はありません。

専門家による会計処理

誤った判断による会計処理は、将来的な損失につながる可能性があります。「カルク」は実績豊富な専門家が、間違いのない会計処理を行っているため、安心です。

料金が「必要経費」

「カルク」ご利用の際にお支払いいただくご料金は、お客さまの「必要経費」として落とすことが可能です。所得税・住民税率合わせて約15%の場合、ご料金の15%分の節税につながります。